ブログトップ

何げに写真を

京都&奈良の古寺を愛すオヤジ


by amagatsu
プロフィールを見る

D1で撮り比べ

NIKON D1 A-TX287-PRO-SV/f2.8 ISO200 WB=晴天 画質=BASIC

撮り比べの為に尼崎-寺町界隈をD1にて撮影してきました。
時間帯/天候条件等をなるべく合わせてみました。

アンダー気味に撮影して後はレタッチしています。
銀塩の露出コントロールの様にストレートに作画に反映されて来ないので
リバーサルフィルム調のトーンカーブを自分なりに勝手に創作して調整しています。

画質モードが高圧縮なのでとやかく言う以前の話かも知れません・・・・。
FINEやHI(RGB-TIFF)の低圧縮だと結果が変わってくるのでしょうね。

撮影結果が銀塩に近いモードってどれなんでしょうか?

カメラが演算したデータ(jpg)だとコントラストや色乗りが浅いのでどうしても後で
触らないとダメなんです。
レタッチ/加工が基本のなので触りやすい画質に演算される様に設定されている
と言うことを何処かの記事で読んだような記憶もありますけど。

どうにでも弄くれるのは楽なのですがオリジナルや適性露出が曖昧になってしまい
今ひとつ納得が出来ません。ここがフィルムと違う所で気に入らない点です。

次回は標準18%グレーカードでホワイトバランスをプリセットして撮って見ようかな。


寺町に妙見(山)宮があるのは知りませんでした。
f0004319_2212724.jpg
f0004319_22122515.jpg
f0004319_2212479.jpg
f0004319_22131186.jpg
f0004319_22133846.jpg
f0004319_22141310.jpg
f0004319_22144893.jpg
f0004319_2215188.jpg
f0004319_22153482.jpg
f0004319_2216541.jpg
f0004319_22162097.jpg
f0004319_22164813.jpg

f0004319_22533569.jpg

[PR]
by amagatsu | 2006-06-03 22:18 | (タグ分類) | Comments(0)