カテゴリ:M/Lマウント Lens( 13 )

Canon 25mm F3.5 Lマウント トポゴンタイプ

和製トポゴンタイプの銘レンズ。
色のり良し&シャープ。
画面端部の破綻/画像流れが無く、全体的にビシッとした迫力のある描写である。
(元の撮影サイズをPCで開けないとブログ用にリサイズされた画像では分からないが)
最短1mなのが惜しいが、描写に関しては本当に文句無し。
僅か数センチたらずの小さなレンズ玉なのに解像度が高くて良く写るのには関心した。
f0004319_2123588.jpg

f0004319_213554.jpg

f0004319_2131979.jpg

f0004319_2133023.jpg

f0004319_2135299.jpg
f0004319_02102215.jpg
やっと探し当てた25mm用純正ファインダー&専用革ケース

Canon 25mm F3.5 + R-D1s
[PR]
by amagatsu | 2016-03-28 02:14 | M/Lマウント Lens | Comments(2)

SUMMICRON 35mm F2 Germany 8枚玉

8枚玉のメガネ君。
単体レンズの約半額程度の予算で同じ8枚玉が手に入る。
単体レンズ+(後から必ず揃えたくなる物欲)外付けファインダーを考えると
コストパフォーマンスはメガネ君の方に軍配があがる。
と、自分に言い聞かせながら。。。。
f0004319_3403151.jpg

f0004319_3404049.jpg
f0004319_3404965.jpg

メガネ(ヌーキー)を外すと中からLマウントが現れるダブルマウント。
L/Mリングでバルナック型/M型の両方に装着可能であるが、距離計カムは
メガネ付きで調整されている為、ここのままでは距離計にズレが発生する。
とりあえず割り切って目測で使うか、カムの切り直し調整で完全Mマウント化改造にするか悩ましいが
カム切り直し改造は対費用効果及びオリジナル性維持(純正復元)の観点から見送りするのが正解との事。
手持ちのM3/M4/M6(TTL除く)で極普通に装着可能且つ距離計のズレも皆無である事は確認出来たので現状維持(メガネ付き)とした。
デジタルで使う場合はM(TYP240)でのLV撮影がベストと思われるが。。。。
f0004319_161515.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-10-11 03:40 | M/Lマウント Lens | Comments(0)

50mm沈胴レンズ色々

Leicaレンズを代表する空気レンズ SUMMICRON 50mm F2。
SUMMAR 50mm後継の SUMMITAR 50mm F2。
ズミタールは2本共に最小絞りがF16であるが、絞り形状が六角と円形である。
その他はフィート/メータの距離刻印の差異がある。
Canon SERENAR 50mm F1.9の造り込みも結構上質。
f0004319_1381992.jpg
f0004319_1383388.jpg
f0004319_1384839.jpg
f0004319_139414.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-10-08 01:39 | M/Lマウント Lens | Comments(2)

KYOEI W.Acall 35mm F3.5 エイコール

ピントリングのローレットデザインがニッコールと似ている。
先端部フィルター枠を兼ねた絞り設定リング仕様。
専用フードのフィルターアダプターリングに絞り操作用の
ローレット加工が施された凝った造りである。
f0004319_253184.jpg
f0004319_263573.jpg

試写結果。(R-D1s)
カリッとした写りで意外な程に解像感のある描写を示す。
但し、絞り開放付近では結構甘い傾向がある。
もう少し使い込んで癖が把握できれば面白くなるであろう。
f0004319_25995.jpg
f0004319_2594561.jpg
f0004319_14923100.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-08-23 02:06 | M/Lマウント Lens | Comments(0)

SUPER-ANGURON 21mm F3.4 + M4 BP

f0004319_840077.jpg
f0004319_8401446.jpg
f0004319_8402145.jpg
f0004319_8403243.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-07-20 08:39 | M/Lマウント Lens | Comments(0)

LEITZ SUMMICRON 35mm F2 ツノ付 6枚玉 

黒塗りボディー+黒鏡胴レンズ。
黒皮病発症中。
f0004319_11282144.jpg
f0004319_11283718.jpg
f0004319_11285995.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-07-15 11:28 | M/Lマウント Lens | Comments(0)

LEITZ SUMMILUX 50mm F1.4

黒塗りボディー+黒鏡胴レンズ。
黒皮病発症中。
f0004319_20304624.jpg

f0004319_20363595.jpg
f0004319_2036423.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-07-12 20:31 | M/Lマウント Lens | Comments(0)

Canon Serenar 35mm F2.8 I

セレナーは何種類かあるがこちらは初期のⅠ型(1951年)である。
35mmの専用ファインダーがセットされている。
コンパクトな鏡胴なのでボディーに付けっぱなしでも邪魔にはならない。
ちなみにR-D1sは標準で35mmのブライトフレームが入っている為
外付けする必要性は無いのだが、それらしく見えるのでオブジェとして
付けてみたものである。
35mmブライトフレームを持たないM3に装着するのが正しい作法であろう。

f0004319_22162753.jpg


f0004319_22164115.jpg

[PR]
by amagatsu | 2013-01-14 22:18 | M/Lマウント Lens | Comments(0)

旧フォクトレンダー NOKTON 50mm/F1.5

製造年代により鏡胴デザインやコーティング色が異なる。
ドイツ製、1961年発売で当時画期的な大口径ハイスピードレンズの銘玉であった。

f0004319_1314829.jpg

[PR]
by amagatsu | 2012-11-11 01:33 | M/Lマウント Lens | Comments(0)

NIKKOR-H 5cm/F2 黒帯

RD1s + NIKKOR-H 5cm/F2 黒帯
1枚目f4
2枚目以降全て絞り開放撮影。

F4位まで絞ると切れのある描写を示す。
絞り開放だと2線ボケがうるさくなるが
背景によっては絵画的な描写で面白い。
コントラストは高い。

f0004319_2216206.jpg
f0004319_22163431.jpg


f0004319_22164491.jpg

[PR]
by amagatsu | 2012-06-03 22:19 | M/Lマウント Lens | Comments(0)