カテゴリ:Nikon( 17 )

FX ミドルクラス

最近相場感が少し落ち着いてきたNikon-FXのミドルクラスをゲットした。
比較的昔ながらの質実剛健なニコンカメラの質感を継承しているデシタル一眼に思える。
これでやっと死蔵のニコンレンズ資産をフルサイズで復活させる事が出来る。
但し、視野率100%に拘ってきたので、倍率約95%なのが唯一惜しい。
かなり切り詰めてフレーミングした時、上下はそんなに気にならないが、
左右に余計な物が入る事を予め少し計算する面倒が伴う。
まあ、それ以外は至ってニコンらしい昔ながらの統一感のある操作性にて文句は無し。
f0004319_22201949.jpg

[PR]
by amagatsu | 2017-01-16 22:21 | Nikon | Comments(0)

Nikon スポーツファインダー

久々にレア度の高いS型シリーズ用のアクセサリーをゲットした。
35/50/85/135を稼倒式フレーム枠で切り替える。
確かにズームファインダーの様に覗き込まなくても良いのだが、
なんだか水中カメラ用ファインダーの様で大げさな感じがする。
f0004319_21532487.jpg

f0004319_21535821.jpg

f0004319_2154913.jpg

f0004319_21542845.jpg

f0004319_21545544.jpg

f0004319_21551614.jpg

[PR]
by amagatsu | 2016-10-09 21:56 | Nikon | Comments(0)

完全乗り換え希望

何時も年明けはスロースタートUP。

最近、修理依頼の為にニコンサービスへ赴いた。
依頼手続きの合間に、D4/D5を弄って見たが。。。。

手持ちの数世代前のD2Xと遜色が無かった。
それは、あくまでも、ぱっと持って構えてサクッと撮影した感覚であり、
自分が抱いていた重厚なイメージとのギャップの話である。

言い換えれば、世代間のギャップがあまり無いので、感動が伝わらなかったのである。
レリーズ感も大差が無く、随分肩透かしを食らってしまった感がある。
特に連射においては、はたしてそんなに連射で何を撮るのか、という撮影イメージが
何も浮かばなかったのである。

銀塩カメラにモータードライブを装着して、バシバシ連射して遊んでいた頃を
思い出すだけである。

もはや、連射する意味が良く分からない世界になりつつあるような感じがする。
動画撮影して、必要なコマを切り取ればそれでもう用は済むのではないかと。。。。

まぁ~最新機なので、とんでもなく高スペックなのはわかる。。。。。
が、本当に、何処まで、使いこなせるのか、という疑問もある。。。。

こんな高スペック機を鮮やかに操って、撮影出来る人がどれだけ居るか。
少なくとも自分には絶対無理だ。

別に連射もしない、ましてやプログラムモードの使用も皆無。
極普通にマニュアルで絞りとシャッタースピードを自分で決めて撮影するだけだし。。。。

あまりの期待の膨らませ過ぎもあってか、D5への物欲がかなり削がれてしまった結果に終わった。

依頼完了後早々に引き上げ、そしてそのままキャノンサービスへ移動。

地上に出ずとも地下道でつながっているので非常に便利である。

キャノンではうっかり修理対応期間を経過させてしまい、
オーバーホールし損ねた機体をセンサー清掃及び簡易点検に出した。

ここでは依頼の合間に、1DXを弄って見た。
1DsMk2m持ちとしては、1DXは感触が良く物欲が増大してしまった。

ニコンの様なゴツゴツ感が無く、ラバー類の段差が無い滑らかなボディーラインが
キャノンの特徴であると思う。
表現としては、持った時のフィット感、吸付き感が良いという印象。

ん~今年は何とか1DXを狙いたいのだが。。。。



f0004319_1451063.jpg

[PR]
by amagatsu | 2016-02-06 01:45 | Nikon | Comments(0)

謎の Nikon S4

ここに2台のS4がある。

記録ではS3が630万台/S4が650万台の筈なのだが
S4にも拘わらず630万台の個体がここに存在する。

恐らくは町の修理屋がS4にS3のトップカバーを載せて
修理した個体と勝手に推測している。

カメラボディーは完全にS4仕様だが、S3のトップカバーは
共用品なのであろう。

これが、ニコンでの正規修理品なら、多少は珍しい個体と
なる筈だが、まずニコンではそんな修理はやらないと思うので
このS4は正確にはパチモンとなってしまう。

ライカなら現物の製造番号を打ち直した新品カバーが載せられる
と言うのに。。。。
f0004319_2393593.jpg
f0004319_2394222.jpg
f0004319_2395424.jpg

[PR]
by amagatsu | 2015-08-26 02:40 | Nikon | Comments(0)

Nikon FM2/T

T&T、バックステップでは無い。( ← これ判る人は極少数カモ)

年明けから、撮影に出掛ける暇が全く無い。

フラストレーションに負けて、またしても魔が差した。

一向にフィルムを通す暇も、気も無いくせに。。。。

f0004319_3171724.jpg

[PR]
by amagatsu | 2015-03-03 03:17 | Nikon | Comments(2)

Nikon F3/T

またしても物欲に負けてのチタンボディー。。。。
f0004319_142383.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-10-03 01:42 | Nikon | Comments(2)

Nikon S4 + NIKKOR-H 5cm

S3発売の後、機能省略により廉価版として発売されたが伸び悩み。
僅か約6000台製造のみで、ニコンS3M型レンジファインダー機と共に終焉を迎えた。
国内販売のみの機種で輸出されておらず今となってはS3よりも希少な型式。
ブライトフレームが省略されたファインダーによってスッキリとしている。
無用なセルフが省かれているのも好感が持てる。
f0004319_1265549.jpg

f0004319_127277.jpg
f0004319_127815.jpg

[PR]
by amagatsu | 2014-05-24 01:25 | Nikon | Comments(0)

Nikon S3 + 3.5cm/F2.5 + 純正メタルフード

I/M/S/S2/SP/S3/S3M/S4の系譜の中心的位置づけにある
Nikon S型シリーズのスタンダードモデルである。

似て非なるNikon /CONTAX のS型マウント。
同様規格で互換性があり無限遠では合致するが基準焦点距離が
僅かに異なる事から、厳密にはレンズ繰り出し量に誤差が生じる。

開放絞りだとCONTAXレンズの方がやや後ピンになる程度なので
広角~標準画角程度であれば、さほど気にする事もなかろう。

S3とCONTAX Ⅱは製造年で22年の隔たりがある。

f0004319_3193129.jpg
f0004319_3193950.jpg
f0004319_3195346.jpg
f0004319_320226.jpg
f0004319_3201046.jpg

[PR]
by amagatsu | 2013-11-14 01:08 | Nikon | Comments(0)

Nikon F2 フォトミックS + DS-1 + MD-1 + MB-1

後付け機器コッテリ満載カメラ。
デカい/重い/ウルサイの3拍子。

特にEEコントロールユニット(DS-1)の後付感が際立つ。
よくもここまで合体ロボよろしくゴテゴテのカメラになるものである。

ノーマルのアイベル仕様の人気が落ちないのもうなづける。

f0004319_22482257.jpg

[PR]
by amagatsu | 2013-10-30 01:18 | Nikon | Comments(0)

Nikon F 一桁の原点

数々の歴史を刻んできたFシリーズは今なお輝きを放ち続ける。
白ボディーは最初期型の富士山マーク入り。
黒ボデイーは後継機のF2型との共用パーツが使用されている最後期型及び後期FTN。
とにかく頑丈且つ故障率の低い機械で信頼性は抜群である。

f0004319_1183621.jpg
f0004319_1184678.jpg
f0004319_119018.jpg
f0004319_1191598.jpg
f0004319_1192771.jpg
f0004319_1193519.jpg

[PR]
by amagatsu | 2012-12-23 02:42 | Nikon | Comments(0)