「非常に不愉快だ」に拍手

宮崎氏の言葉に賛成。

経てきた時代、人生、人間としての感性が根本的に違う。

「身障者の方を思い出す」「生命への侮辱だ」とマジギレ。

何故不愉快なのかをその言葉一つで完結させた意思表示に感銘を受けた。

別に悪気があってやっている事ではない事ぐらいは氏も重々承知している。
その上で、相手に対する言葉のチョイスが絶妙で、人間臭くて良かった。

更には「何を目指しているの」の問いかけにも明確な答えは無かった様に思う。

宮崎氏の反応に、クリエィター全員が、ポカ~んの放心状態。。。。
プレゼン側の大将は半泣き。。。。

1本の線に命を吹き込んできた人間には通用しませんよ。

自分も業界は違うが、たった1本でも引いた線に対する責任感、緊張感は
心底身に染み付いているので、良~く判る。

[PR]
# by amagatsu | 2016-11-13 22:30 | アーカイブ | Comments(0)

某国大統領選

他国の選挙がらみに関する国内各TV報道に不信感が募った。

とある国境にある鉄柵に関わる報道で、

ある局は、鉄柵が存在はしてはいるがあちらこちらが抜け穴だらけで、
形ばかりの様相を呈している現状と近隣に住む人の実情の画像。

もう一方の局は、鉄柵の隙間を挟んで離散家族が話しをしている
事情と画像。

携帯なりwebなりで遠く離れていても、何時でも何処でも
連絡は取りあえる環境にあるのが当たり前のこのご時世に、
わざわざ鉄柵の隙間からでないと話が出来ない状況にあるのか、非常にワザとらしい画だ。

おそらく後者の報道は、ヤ〇セの可能性が非常に高いように感じられた。

どこの局の報道番組も信用はしていなが、コメンテーター含め、特に現地取材に赴き
この離散家族の実情を現場リポートしていたメーンキャスターにも完全に失望した。
(元々何の期待もしていないが)

軽めで緩めのニュース番組なので大して気にも止めていなかったが
このヤ〇セと思われる現地取材画像を流した事で、自分自身の中では、
完全なる不信感とゴミ扱いに値する番組と判断した。

まあ、ニュース番組は、情報を隠匿/選別/操作してから流される情報である事を
常に認識する必要性がある事を今更ながら痛感した。

情報操作/民衆操作とは、そうやって知らぬ間に密かに行われている。
皆が見ているから、知っているから、流行っているから、理由はただそれだけ。。。。
もうそろそろ、そのような思考回路停止の扇動に乗っかる馬鹿騒ぎは止めるべきだ。
本当に馬鹿になってしまう。
馬鹿ほど、利用しやすく、扱いやすい、国民は無いのだ。

ネット/webの情報が全てかと言うとそれもまた違うが、少なくとも画一的に
意図的に操作された情報を一方的に垂れ流すTVとは異なり、情報選択の自由度が残されている。

web情報は信憑性、良いも悪いも別にして、唯一、選べる自由度がある。
養鶏養豚場の如く一方的にベルトコンベアーで垂れ流されてくる餌とは異なる
個人の自由意思による選択度がある事だけが唯一の救いである。

個人の自由意思で選択している、と見せかけて
実は選択するように仕向ける仕組みも組み込まれている事実は当然にある。

そろそろ本格的に大規模的に、ヤバイ事になりつつあるのではなかろうか。

[PR]
# by amagatsu | 2016-11-10 01:53 | アーカイブ | Comments(0)

Nikon スポーツファインダー

久々にレア度の高いS型シリーズ用のアクセサリーをゲットした。
35/50/85/135を稼倒式フレーム枠で切り替える。
確かにズームファインダーの様に覗き込まなくても良いのだが、
なんだか水中カメラ用ファインダーの様で大げさな感じがする。
f0004319_21532487.jpg

f0004319_21535821.jpg

f0004319_2154913.jpg

f0004319_21542845.jpg

f0004319_21545544.jpg

f0004319_21551614.jpg

[PR]
# by amagatsu | 2016-10-09 21:56 | Nikon | Comments(0)

ZUIKO AUTO-W 18mm F3.5

雲の流れが秋の気配に。
もう少しで一番大好きな季節がやっくる。

f0004319_2252342.jpg

f0004319_2254721.jpg


ZUIKO AUTO-W 18mm F3.5 + CANON 1Ds Mk2
15mm-魚眼/画角180度を常用しているせいか
18mm-対角/画角100度のレンズでは少し物足りない感じがしたが
被写体との距離感が魚眼と比べて緩やかな感覚で使えるのが良い。
更に収差歪が少ないのも気に入っている。
色々と書かれている、線の太さとか、ZUIKOならではの描写云々についてはそういった実感は自分にはまだ無い。
定評、受け売り、先入観等は参考として、自分自身で撮影した検証結果がなければ納得も同意も得る事は出来ない。
そう言う意味では、以前所持していたZUIKO-16mm-魚眼は、少々期待外れなところがあって手放してしまった経緯がある。



[PR]
# by amagatsu | 2016-09-10 20:13 | MF Lens | Comments(0)