今年の思い出(秋)

兵庫県-有馬温泉-瑞宝寺公園
NIKON F4s AF75-300/f4.5 RVP100
f0004319_20292540.jpg

[PR]
# by amagatsu | 2005-12-30 20:30 | (タグ分類) | Comments(0)

お稲荷さん

鎌倉-佐助稲荷神社
NIKON F4S AF85F1.8D RVP100
ここは昼間でも薄暗くて独特の雰囲気があります。


f0004319_3542695.jpg

f0004319_22155851.jpg
f0004319_22161464.jpg
f0004319_22162743.jpg
f0004319_22164054.jpg
f0004319_0411532.jpg

[PR]
# by amagatsu | 2005-12-30 03:55 | (タグ分類) | Comments(2)

夏の鎌倉は暑かった~

鎌倉-安養院/仏足石
NIKON F4S AF85f1.8D RVP100
注意しないと気づかずに通り過ぎてしまうほどひっそりとたたずんでます。
f0004319_3391247.jpg

[PR]
# by amagatsu | 2005-12-30 03:40 | (タグ分類) | Comments(0)

機材紹介

基本は風景写真だが被写体に拘らず気が向けば何でも撮る。

・撮影モード
 絞り優先(銀塩/デジタル共通でAFレンズ使用時)
 又は
 マニュアル露出(原則マニュアルでの撮影が多い)
      
・測光モード
 常時スポットに固定。 (銀塩/デジタル共通)
 多分割や評価測光は各カメラメーカ独自の露出演算の結果(意図しない)が反映されてしまう。
 中央重点測光であっも演算が掛かっている。
 素の露出値を読むにはスポット測光しか無いのである。
(これとて、レンズ光学系を通しての測光結果故に、根本的に厳密では無い)
 本来は単体露出計を使用した測光値を基準とすべきである。
 何処をどう測ったか、その結果をどうコントロール(補正)するか、作画がそこにある。
 明部/暗部/中庸部を何か所も測光して平均値を把握して、導き出した平均値から
 補正をどう振るかを考えれば良い。 
 慣れれば基本露出を導き出す測光ポイント(1~2か所)を測って一発で補正が
 入れられる。
 これの自分基準の感覚はリバーサル撮影で習得した。
 (感覚を掴むのには相当数の本数を消費したのは言うまでもない)
        
・ピント
 マニュアル。 (銀塩/デジタル共通) 補助的にAF、最終はMFで追い込みが基本。

・フィルム
 リバーサル。(常用/フジRVP又はRDP)

・ホワイトバランス(WB)
 晴天(太陽光)固定又はプリセット
(AWB=オートは出た目がふらつくので絶対NG)当然ISO値も固定が原則。
 AWB任せの写真から脱却する事がこだわりの「色」を求める第一歩である。
 一眼レフでAWB+評価測光の標準設定で使うぐらいなら昨今のコンデジの方が
 綺麗に撮れて外れが少ない。
 AWBで全く同じ構図で連写すると僅かコンマ数秒のコマ間であっても露出差が出ている
 のが解る筈である。
 所詮AWB(オート)はそんなものである。
 極僅かな背景変化をも瞬間的に演算に組み入れる為に出た目(露出値)がコロコロ変化する。
 どのようなメーカのカメラでも高級機であってもAWBでは必ず出た目がふらつくのである。
 プリセットには18%グレーターゲットを使用する。
 白コピー紙は蛍光剤が入っており厳密なプリセットには代用不可能。
 画質=JPEG(FINE,1/4圧縮),RAW(RAWの利点は露出であるが
 画質は生データなりに良いがRAWが最良とは限らない)

レンズは基本的に単焦点をチョイスする事が多い。
ズームレンズは楽だがどんなに明るいレンズであってもヌケの良さは単焦点には及ばない。
単焦点を選ぶもう一つの理由は構図である。
自分で移動して変化する単焦点レンズの画角とお気軽ズームで変化させた画角は同じ数字であっても
描写は違うのである。   

【注意事項】
当ブログの掲載写真や記事等の著作権は管理者(HN=amagatsu)に帰属します。
管理者に無断で転載、複製する行為はお止め下さい。

◇◆更に、画像情報(EXif)データを参照し、カメラ情報/レンズ情報/GPS位置情報等を◇◆
◇◆盗み見するのはマジで キ モ イ ので止めて下さい。◆◆

・その他
CFカード類の記録メディアは意外とデリケートである。
チョットした高さから落としただけでデータ書き込みエラーで使えなくなった経験がある。
シリコン製の型抜きされた物を使用し万全を期している。
普段は1~2GBを2枚と512MB2枚を入れている。
エラー時の救済率を考えると大容量だと失われるデータ量があまりにも多くリスクが高い為
リスク分散の意味から小分けする。
データを飛ばすリスクを考えたら4GB以上の大容量カードは恐ろしくて使えない。

デジタルであっても撮影時点での画が基本である。
良く「デジタルはあとからどうにでもなるから・・・・」などと言われているがこれは失敗作の救済(ごまかし)をする上での話である。
フィルムでもデジタルでも最初にきちっと撮るのが大前提である。
きちっと撮影されたデジタルの暗部の階調はもはや銀塩を超えていることは周知の事である。

[PR]
# by amagatsu | 2005-12-28 23:10 | 所信表明&機材紹介 | Comments(1)